地域づくりの仕事とは?

コンサルティング

こんにちは、ほんちゃん(@hmasa70)です。

「地域づくりってどんな仕事ですか?」

と学生や住民からよく聞かれます。

「地域の企画や事業づくり、地元との調整や行政支援まで関わるのでなんでも屋ですね」

と答えたりするのですが、あまりうまく伝わっていないようです。

なので自分の頭の整理も兼ねて、きちんと整理してみました。

具体的な地域づくりの活動については下記を参照ください。

原点は民俗学

そもそも地域づくりのルーツは、民俗学にあると私は思っています。

民俗学といえば「遠野物語」の柳田國男が有名ですが、「地域づくり」に関しては宮本常一が原点だとボクは思っています。

生涯を通じてフィールドワークしつづけ、1,200軒以上の民家に宿泊したそう。

日本各地の農山漁村をみてまわった知見から、農業や産業指導をしていました。

周防の猿まわしや佐渡の鬼太鼓(のちの鼓童)などを再発見し、支援したのも宮本さんです。

彼の代表作「忘れられた日本人」は、ボクが入社したときに最初に読んだ本の一つ。

戦後まもない日本の漁村や農村をくまなく見て回った旅の記録です。

集落の古老たちの言葉遣い、風習やしきたりなどが丁寧に描写されていて、観察力や洞察力には目をみはるものがあります。

戦後直後の当時、名もなき集落や住民の生活に着目したことも驚きですが、交通網が未発達の時代に全国をくまなく歩き回ったこと自体驚きです。

地道に通いながら、普段は出てこない地元の声を拾うというフィールドワークの大切さは、私の地域づくりの関わり方のベースとなっています。

地域づくりとまちづくりの違いは?

最近は似たような言葉で「まちづくり」もよく使われます。

「地域づくり」と「まちづくり」は同じようですが、実は出どころが違います。

まちづくりという言葉を広めたのは横浜市の都市プランナーとして活躍された田村明さん。

横浜のみなとみらい21や横浜スタジアムなど、まさに新しい都市(まち)をつくるという発想から生まれた言葉でした。

実は私も大学時代は都市計画を学んだ人間なので、地域づくりよりもまちづくりの方が馴染みがあります。

今でこそ、地域活性化や地方創生などさまざまな意味合いで「まちづくり」という言葉が用いられていますが、人口増加が続いていた80年代、90年代までは都市計画や建築分野の人たちが主に用いる言葉でした。

人口減少、都市縮小が進みだした2000年代以降は、地域の課題も一様ではなくなり、ランドスケープ、出版社や旅行会社、WEBメディア、NPO、地域おこし協力隊など幅広く分野の組織や個人が関わるようになってきました。

「地域づくり」も「まちづくり」も集落やコミュニティの維持・継続がミッションなのは変わりません。

地域という言葉がエリアとしては広く、都市も包括した概念だと思います。

ボク自身は農山漁村地域に関わることが多いので、意識的に「地域づくり」という言葉を使っています。

地域づくりの分野や範囲は?

地域づくりの分野や範囲はどこまでなの?と聞かれると、正直とても悩みます。

賛否両論ありますが、「婚活」や「ゆるキャラ」など、実にさまざまな取り組みが「地域づくり」や「まちづくり」という名目で行われているからです。

自分なりの定義を持ちたいと悩んだ時期がありましたが、T型集落点検(※要説明)で有名な熊本大学名誉教授の徳野先生にそのことを話したとき、

「集落の維持に関わる取り組みは、なんでも地域づくりでしょ!」

といわれて、なんでもいいんだと逆に吹っ切れました(笑)

要は自分や家族のお世話以外は、みんな地域づくりの範ちゅうだと私は理解しています。

これから地域づくりに関わりたい人の入門書7選

2018.04.12

地域づくりの相談や仕事はどこから?

「地域づくりの仕事は誰がお願いしているの?」

ということもよく聞かれます。

これは個人差や会社によって得意分野が違うので、一概にはいえないですが、自分の場合だと行政からの相談が多いですね。

地域内の空き家分布や劣化状況を1軒1軒調べて回ったり、連絡のついた所有者に今後の利用意向を尋ねるというお手伝いをしたりします。

農村集落の役員さんから「都市との交流事業を行いたいから手伝ってくれ」と直接依頼を受けることも。

糸島市福吉地域で2回目の農園チャレンジ

2016.06.01

また住宅地のエリアマネジメントのお手伝い(地域住民の利害調整やコミュニケーションのサポート)を民間企業から依頼されることもあります。

先ほども述べたように、地域づくりやまちづくりに多様な主体が関わるようになってきて、もともと都市計画を本業としていた同業者でも仕事の内容がどんどん変わっています。

身近な知り合いだけでも、公共交通や旅行業に特化していたり、特産品開発、漁協や漁師専門のコンサルタントなど内容は実にさまざまです。

地域課題もさまざまなので、プロジェクトチームを組んで対応することも増えています。

地域づくりに関わるには

地域づくりに関わりたいという学生も、かなり最近増えていますね。

学生の間にさまざまな経験を積みたいようです。

インターンシップの募集にも、建築や都市計画だけでなく、経済や観光などの学部の学生から問い合わせをもらいます。

興味を持っている学生は多いのですが、地域づくりの仕事との接点はなかなかないようです。

学生グループと地域の人をつなげるゼミの開催を手伝うこともあります。

昔の写真をみながら、地域の歴史や生活を聞いたり、海に海藻を取りにいったりしました。

学生も地域住民もお互いに新しい発見や刺激があって、新鮮だったようです。

また一緒に集まって、もずくをとったりバーベキューをやろうと盛り上がったり、次の活動につながっています。

いきなり地域に飛び込もうとしても、保守的だったりして仲良くなるまでに時間がかかります。

ボクのように地域と関わりながら、ソトへの発信をしている人とつながり、そこを起点に地元とのネットワークを広げていくのが一番いいでしょう。

福岡県内だったら各地に知り合いもいるので、サポートもできますので、気軽にご相談ください。